ライスフォースのバリア機能ってどうなの?なにがどういいの?

ライスフォースのバリア機能ってどうなの?なにがどういいの?

 

美肌成分として注目の「ライスパワー」を配合し、肌の内側から潤いのある肌へ導くライスフォース。 

ライスフォースのバリア機能はどうなのでしょうか?

なにが肌に良いのか調べてみました!

 

 

ライスフォース☆ライスフォースのバリア機能ってどうなの?

ライスフォースは「肌の水分量の改善を手伝う」という医薬部外品の認可を国から受けた化粧品です。

ライスフォースに含まれる成分はセラミドの増大を助け、肌の水分量の改善をサポートします。

 

セラミドとは

 セラミドは肌内部で作られる細胞で水をサンドイッチのように挟んで閉じ込めて水が外に出て行くのを防いでいます。

セラミドが元気だと湿度0の極度な乾燥状態でも肌内部に水分をしっかりと閉じ込めます。

 

セラミドが減る原因

セラミドは20代をピークに減少を始め、それに伴い肌のバリア機能も低下していきます。

セラミドは加齢だけでなく、ストレスや生活習慣、紫外線などの外部刺激、間違ったスキンケアによっても減少してしまいます。

 

ライスパワーNo.11

ライスフォースの中にはセラミドの増大を助ける成分ライスパワーNo.11が配合されています。

ライスパワーエキスは角質層まで届き浸透させ、バリア機能を改善し、肌そのものを健康にしてくれます。

肌のバリア機能には、紫外線や花粉などの外部刺激から肌内部を守ったり、肌の内側の水分蒸発を防ぐ働きがあります。

バリア機能が整っていれば、外部刺激に強く潤いの保たれた肌になります。

ライスパワーNo11がセラミドを作り出し、肌のバリア機能を向上させることで、肌の水分保持能力を飛躍的に向上させることができるのです。

 

 

ライスフォース☆ライスフォースは何がいいの?

水分保持機能を改善する

ライスパワーNo11は、肌のセラミドを生産し水分保持機能を高める成分です。

角質層深くまでしっかり潤う

ライスパワーNo11エキスはコラーゲン、ヒアルロン酸に続いて注目を浴びている保湿成分のひとつです。

使用前と使用後では肌の保湿力が2倍以上になることも珍しくなく、肌本来の潤いを蓄える素肌力をアップしてくれます。

低刺激

 セラミドが不足してバリア機能が落ちている肌は、わずかな刺激にも敏感になっています。

ライスフォースは香料や着色料、石油系界面活性剤、動物性原料などは無添加なので肌の弱い方でも安心して使用することができます。

 

まとめ

 いかがでしたか?

今回はライスフォースのバリア機能について調べてみました。

まとめますとこのようになります。

 

・ライスフォースには肌のバリア機能セラミドの働きを高めるライスパワーNo11が配合されている。

・バリア機能が改善すると紫外線や花粉などの外部刺激から肌内部を守ったり、肌の内側の水分蒸発を防いでくれる。

・ライスフォースは肌の水分保持機能を改善する。

・ライスフォースは角質層深くまでしっかり潤う。

・ライスフォースは無添加なので肌の弱い方でも安心して使用することができる。

美肌成分として注目の「ライスパワー」を配合し、肌の内側から潤いのある肌へ導くライスフォースのバリア機能をぜひ体験してみてください。

 

 

 



ライスフォース関連記事

ライスフォースを使っている芸能人は誰?ステマじゃなくてガチなの?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です